少年サッカー移籍について【理由・時期・トラブル・手続き】

2020年1月17日

 

もし移籍をしようと決めている際は次のような疑問が出てくるかなと思います。

 

  • 移籍するなら時期はいつがいいだろう?

  • 移籍でトラブルは起きないのかな?

  • 移籍の際に手続きは必要なの?

 

以下説明していきます。

 

目次

少年サッカー移籍の疑問①時期

 

これは特に気にする必要はないと思います。

 

4月からとかがキリがいいのかな...とかあると思いますが、もし本当に現チームにストレスを抱えているなら早めの方がいいです。

 

強いて言うならどこのチームも公式戦(リーグ戦)があるので、公式戦期間中を避けた方がいいくらいです。

 

ただこれも強いて言うならというレベルなので、あまり気にしなくてもいいです。

 

少年サッカー移籍の疑問②トラブル

 

何かしらのことは起こるかなと思います。

 

例えば子どもが前チームの友達から嫌なことを言われるようになった、とかでもこんなことは時間とともに解決できるものです。

 

1番大きなトラブルは事項で説明しますが、前チーム登録から抹消してもらえないことがあるということです。

 

少年サッカー移籍の疑問③手続き

 

基本的には親がするような手続きは必要ありません。

 

チームによっては退会届みたいなものを書く場合がありますが。

 

1つ気をつけなくてはいけないのが、日本サッカー協会へのチーム登録です。

 

前チームからの登録を抹消してもらわないと新しいチームに登録できません。

 

もし前チームから登録を抹消してもらえない場合、新しいチームで練習試合や練習には参加できますが、日本サッカー協会が主催する公式戦には参加できません。

 

ありえないことですが、最悪のチームの場合はなかなか登録を抹消してもらえないことがあるみたいです...

 

移籍ができない方におすすめ

 

何かの事情により移籍ができない方はいらっしゃっると思います。

 

例えば親同士の関係、子ども同士の関係など...

 

そんな方のために3つの方法を紹介します。

 

オンライン分析コーチ

 

オンライン分析コーチとは僕がみなさんの試合映像を分析して、自分では見つけられない課題を分析して、改善していくものです。

 

つまりパーソナルコーチのような感じですね。

 

今までたくさんの方がこのオンライン分析コーチを通じて、自信を取り戻し、プレーを改善してきました。

 

ぜひ、今の問題を解決できる1つの方法として検討してみてください。

 

プロサッカーコーチによるオンライン分析コーチ(選手・保護者向け)

 

メモ

毎月、大好評でやらしていただいているので人数制限をしています。

予約なども受け付けているのでお気軽にお問い合わせください。

 

オンラインサッカースクール「みちしるべLab」

 

自分のチームでは楽しくサッカーすることはできているけど、頭でサッカーを学べていない気がする…

 

こんな方がけっこう多いと思います。

 

それを解消するためのものが、オンラインサッカースクール「みちしるべLab」です。

 

みちしるべLabでは家でも毎日サッカーを学べて、毎日僕にプレーの相談ができます。

 

それが1日あたりたったの30円です。

 

オンラインサッカースクール【みちしるべLab】保護者・選手向け

 

パーソナルトレーニング

 

これは実際にプロサッカーコーチの指導を受けられるものです。

 

移籍はできないけど、どうしても上手くなりたい、自分に合った練習メニューを組んで欲しい方におすすめです。

 

この機会にぜひ一緒に上手くなっていきましょう!

 

サッカーのみちしるべ【パーソナルトレーニング・グループトレーニング】

 

少年サッカー移籍の失敗例・成功例

 

今までたくさんの子どもが自チームを移籍していきましたし、逆にたくさんの子どもが自チームに移籍してきました。

 

その際にこの子どもは移籍してよかったなと思う子もいれば、失敗したなと思う子もいます。

 

移籍の成功例と失敗例を挙げることで移籍のイメージを膨らましてもらい、より良い選択をしてもらえたらと思います。

 

失敗例①試合に出れない

 

今よりもっと強いチームに移籍したい!と思って移籍したのはいいが、全然試合に出れなくなってしまった...結構この例は多いです。

 

特に少年サッカーでは試合に出場することが何より大事です。

 

強いチームで練習で揉まれて...という考え方もありますが、子どもは絶対に試合に出ることを望んでいます。

 

失敗例②楽しくない

 

上記と似ていますが、今よりもっと厳しい環境で練習したいと思って移籍したが、そもそも全然楽しくなかった...ということ

 

もちろんいろんなサッカーの練習があるので否定をするつもりはありませんが、やっぱりサッカーは楽しいのが1番です。

 

プロになれるような選手は1000人に1人より確率は低いです。

 

その他の子どもは将来的に趣味としてサッカーをすることになりますが、全然それでいいじゃないですか。

 

プロになれなくたって生涯楽しめるようなスポーツに出会うことって子どもの人生にとってすごく大事です。

 

成功例①たくさん試合に出れる

 

失敗例の逆に、前チームで試合に全然出れなかった子が新しいチームでたくさん出れるようになったことがあります。

 

これは良い選択をしていると思います!

 

上記にもありますが、やっぱり試合に出ることが1番少年サッカーにおいて必要な経験です。

 

成功例②楽しい

 

前チームが楽しくなかったけど、新しいチームに行くと毎回の練習に活き活きして行くようになった。

 

これも非常にいいことですね。

 

やっぱりスポーツは楽しいのが1番。この気持ちを感じさせてくれるチームにいるべきなのです!

 

少年サッカー移籍について【まとめ】

 

少年サッカー移籍についてこれまで書いてきました。

 

その中で僕が1番大切にしたいのが「試合に出れること」「楽しいこと」です。

 

今のチームは弱くて...強いチームに行ったけど全然試合に出れない。

 

これは絶対に避けたいです。

 

何事もそうですが「ないものねだり」になってはいけません。

 

子どもが楽しそうにサッカーをしている

 

それで十分なのです。

 

移籍に悩まれている方の参考になればと思います。

 

悩める女性

・子どもを今のチームから移籍しようと考えている...

・移籍するにあたって気をつけることは?

・移籍ができないけど、新しいコーチに教えてもらいたい...

・移籍の失敗例・成功例を聞いてみたい...

 

これらの悩みを解決できる記事を書きました!

 

本記事の内容

・移籍する前の注意点

・移籍にあたっての疑問点

・移籍をせずに新しいコーチに教えてもらう方法

・移籍の成功例、失敗例

 

今現在子どもの移籍を考えている方はこの記事を読めば移籍をする際の注意点、移籍するのかしないのか、良い選択ができるはずです。

 

というのも実際に僕は9年間サッカーチームでコーチをしていて、自チームから移籍した選手も自チームに移籍してきた選手も知っています。

 

それでは説明していきます!

 

ちなみにこの記事を書いている僕の簡単なプロフィールはこちら

 

自己紹介

 

少年サッカーで移籍をする前にもう一度考えてほしいこと

 

移籍をする前に必ずこの4つのことをもう一度考えてください。

 

というのもやっぱり移籍すると少なからず親も子供も何かしらの変化があると思うので、安易に移籍を考えすぎてもいけないのです。

 

  1. なぜ移籍したいのか

  2. どんなチームが子どもにとって理想なのか

  3. どんなチームが親にとって理想なのか

  4. ないものねだりになっていないか

 

もう一度言いますが、これら4つを必ず考えてください。

 

少しだけ深堀していきます。

 

なぜ移籍したいのかを考える

 

なぜ移籍をしたいのか親も子どもも、もう一度考えてください。

 

それはこれがハッキリしていないとどんなチームに移籍したいかが明確にならないからです。

 

例えば「今のチームが弱いから」→「強いチームに移籍する」

 

「練習が楽しくない」→「練習が楽しいチームに移籍する」など

 

ここで大事なのが「それは本当に移籍することで解決できるのかどうか」です。

 

これについては後程説明します。

 

子供にとって理想のチームを考える

 

もちろん移籍をするということは現状の不満点を解消できなくてはいけません。

 

そのためには子供にとって理想のチームを考える必要があります。

 

例えば、みんながわいわいと楽しい雰囲気で練習や試合をするチーム、全国レベルを体験できるチームなど

 

なぜ移籍をしたいのかということが明確なら、自然と理想のチームもでてきます。

 

親にとって理想のチームを考える

 

子どもにとっての理想のチームもあれば、親にとってに理想のチームもあります。

 

それも同じように考えてください。

 

もちろん子どもが第一優先ですが、親にとっても何かしらのハードルはあります。

 

例えばチームによっては、必ずお茶当番を行わないといけない、月謝が2万円くらいする、交通費がめちゃくちゃかかるなど

 

子どもを第一に優先したいところですが、共働きをしているとか経済的な理由とかでなかなか難しいこともあるので、これも非常に大事なことです。

 

ないものねだりになっていないですか?

 

何事もそうですが多くを求めすぎると逆に得るものが少なくなったりします。

 

そして全てが思い通りになることなんて絶対にないです。

 

全てを叶えてくれるチームなんて存在しません。

 

僕はこの点に関して断言できるのは「子どもが楽しそうにサッカーしてるなら絶対に移籍するな」ということです。

 

そのうえでもし移籍するなら次のようなことを注意してください。

 

少年サッカー移籍について【時期・トラブル・手続き】

 

もし移籍をしようと決めている際は次のような疑問が出てくるかなと思います。

 

  • 移籍するなら時期はいつがいいだろう?

  • 移籍でトラブルは起きないのかな?

  • 移籍の際に手続きは必要なの?

 

以下説明していきます。

 

少年サッカー移籍の疑問①時期

 

これは特に気にする必要はないと思います。

 

4月からとかがキリがいいのかな...とかあると思いますが、もし本当に現チームにストレスを抱えているなら早めの方がいいです。

 

強いて言うならどこのチームも公式戦(リーグ戦)があるので、公式戦期間中を避けた方がいいくらいです。

 

ただこれも強いて言うならというレベルなので、あまり気にしなくてもいいです。

 

少年サッカー移籍の疑問②トラブル

 

何かしらのことは起こるかなと思います。

 

例えば子どもが前チームの友達から嫌なことを言われるようになった、とかでもこんなことは時間とともに解決できるものです。

 

1番大きなトラブルは事項で説明しますが、前チーム登録から抹消してもらえないことがあるということです。

 

少年サッカー移籍の疑問③手続き

 

基本的には親がするような手続きは必要ありません。

 

チームによっては退会届みたいなものを書く場合がありますが。

 

1つ気をつけなくてはいけないのが、日本サッカー協会へのチーム登録です。

 

前チームからの登録を抹消してもらわないと新しいチームに登録できません。

 

もし前チームから登録を抹消してもらえない場合、新しいチームで練習試合や練習には参加できますが、日本サッカー協会が主催する公式戦には参加できません。

 

ありえないことですが、最悪のチームの場合はなかなか登録を抹消してもらえないことがあるみたいです...

 

移籍ができない方におすすめ

 

何かの事情により移籍ができない方はいらっしゃっると思います。

 

例えば親同士の関係、子ども同士の関係など...

 

そんな方のために3つの方法を紹介します。

 

オンライン分析コーチ

 

オンライン分析コーチとは僕がみなさんの試合映像を分析して、自分では見つけられない課題を分析して、改善していくものです。

 

つまりパーソナルコーチのような感じですね。

 

今までたくさんの方がこのオンライン分析コーチを通じて、自信を取り戻し、プレーを改善してきました。

 

ぜひ、今の問題を解決できる1つの方法として検討してみてください。

 

プロサッカーコーチによるオンライン分析コーチ(選手・保護者向け)

 

メモ

毎月、大好評でやらしていただいているので人数制限をしています。

予約なども受け付けているのでお気軽にお問い合わせください。

 

オンラインサッカースクール「みちしるべLab」

 

自分のチームでは楽しくサッカーすることはできているけど、頭でサッカーを学べていない気がする…

 

こんな方がけっこう多いと思います。

 

それを解消するためのものが、オンラインサッカースクール「みちしるべLab」です。

 

みちしるべLabでは家でも毎日サッカーを学べて、毎日僕にプレーの相談ができます。

 

それが1日あたりたったの30円です。

 

オンラインサッカースクール【みちしるべLab】保護者・選手向け

 

パーソナルトレーニング

 

これは実際にプロサッカーコーチの指導を受けられるものです。

 

移籍はできないけど、どうしても上手くなりたい、自分に合った練習メニューを組んで欲しい方におすすめです。

 

この機会にぜひ一緒に上手くなっていきましょう!

 

サッカーのみちしるべ【パーソナルトレーニング・グループトレーニング】

 

少年サッカー移籍の失敗例・成功例

 

今までたくさんの子どもが自チームを移籍していきましたし、逆にたくさんの子どもが自チームに移籍してきました。

 

その際にこの子どもは移籍してよかったなと思う子もいれば、失敗したなと思う子もいます。

 

移籍の成功例と失敗例を挙げることで移籍のイメージを膨らましてもらい、より良い選択をしてもらえたらと思います。

 

失敗例①試合に出れない

 

今よりもっと強いチームに移籍したい!と思って移籍したのはいいが、全然試合に出れなくなってしまった...結構この例は多いです。

 

特に少年サッカーでは試合に出場することが何より大事です。

 

強いチームで練習で揉まれて...という考え方もありますが、子どもは絶対に試合に出ることを望んでいます。

 

失敗例②楽しくない

 

上記と似ていますが、今よりもっと厳しい環境で練習したいと思って移籍したが、そもそも全然楽しくなかった...ということ

 

もちろんいろんなサッカーの練習があるので否定をするつもりはありませんが、やっぱりサッカーは楽しいのが1番です。

 

プロになれるような選手は1000人に1人より確率は低いです。

 

その他の子どもは将来的に趣味としてサッカーをすることになりますが、全然それでいいじゃないですか。

 

プロになれなくたって生涯楽しめるようなスポーツに出会うことって子どもの人生にとってすごく大事です。

 

成功例①たくさん試合に出れる

 

失敗例の逆に、前チームで試合に全然出れなかった子が新しいチームでたくさん出れるようになったことがあります。

 

これは良い選択をしていると思います!

 

上記にもありますが、やっぱり試合に出ることが1番少年サッカーにおいて必要な経験です。

 

成功例②楽しい

 

前チームが楽しくなかったけど、新しいチームに行くと毎回の練習に活き活きして行くようになった。

 

これも非常にいいことですね。

 

やっぱりスポーツは楽しいのが1番。この気持ちを感じさせてくれるチームにいるべきなのです!

 

少年サッカー移籍について【まとめ】

 

少年サッカー移籍についてこれまで書いてきました。

 

その中で僕が1番大切にしたいのが「試合に出れること」「楽しいこと」です。

 

今のチームは弱くて...強いチームに行ったけど全然試合に出れない。

 

これは絶対に避けたいです。

 

何事もそうですが「ないものねだり」になってはいけません。

 

子どもが楽しそうにサッカーをしている

 

それで十分なのです。

 

移籍に悩まれている方の参考になればと思います。

© 2021 サッカーのみちしるべ Powered by AFFINGER5