サッカーが上手い子どもの5つの共通点

2019年11月29日

 

悩める女性

・サッカーが上手い子供は何が違うんだろう...

・うちの子があまり上手じゃない

・親の私たちが少しでも理解したい...

 

今日はこんな悩みを解決できる記事を書きました!

 

本記事の内容

サッカーが上手い子どもの5つの共通点

サッカーがうまくなる方法

 

僕はサッカーコーチ9年目で今まで1000人以上の子どもを指導してきました。

 

そして現在B級ライセンスを所持、もうすぐA級を取得見込みです。

 

だから割とサッカーについて、うまい子とそうでない子の違いを理解しています!

 

この記事ではサッカーがうまい子の共通点と、そのうまい子になるための方法を簡単にご説明したいと思います!

 

それではどうぞ!

 

この記事を書いている僕の簡単な紹介はこちら

 

自己紹介

  • プロサッカーコーチ9年目
  • サッカースクール経営
  • オンライン分析コーチ
  • 20年以上、サッカーと共に生きていますm(_ _)m

 

サッカーがうまい子どもの5つの共通点

 

上手い子の共通点

  1. 運動能力が高い
  2. 良く観ている
  3. 想像力がある
  4. 半端ないほどサッカー好き
  5. 自立している

 

この5つがサッカーがうまい子の共通点です。

 

この5つに注目して子供を観ていると驚くほど違いがわかると思います。

 

それぞれ詳しく説明していきます!

 

サッカーがうまい子どもの共通点①運動能力が高い

運動能力が高いとサッカーではやっぱり得をすることが多いです。

 

サッカーは前後左右に不規則に移動、身体をひねる、ジョギング、ダッシュ、ジャンプ、しゃがむなど様々な運動を行いながらするスポーツです。

 

単純に考えてそれらの動作がスムーズで、移動の速度が速い方がいいというのはわかると思います。

 

これは持って生まれたものでもあり日常の生活の中で高めることは非常に難しいです。

 

しかし練習を積めば向上していくコーディネーション能力というものもあります。

 

下記記事で詳しく解説しています。

 

サッカーが上手い子と下手な子の1番の違いは「身体を動かす技術」

 

サッカーが上手い子になる方法①運動能力を高めるには?

 

様々な運動を行う必要があります。

 

というのもサッカーをしているだけでは向上しない運動能力があるからです。

 

例えばサッカーをやりながら柔道、空手、体操など身体を用いるスポーツを行っている子どもはこの運動能力が高い傾向にあります。

 

ただいくつも習い事をしている時間とお金がない...

 

そんな方はこちらのボールがかなりおすすめおすすめです

 

テクダマのレビュー評価【サッカーテクニック向上ボール】

 

サッカーがうまい子どもの共通点②よく観ている

 

サッカーがうまい子は試合中によく周りを観ています。

 

というより、よく周りを観ているから、「うまい」といった方がいいと思います。

 

サッカーは上の図のようなサイクルを必ず行っています。

 

うまい子とそうでない子を比べるとこんな感じ

 

 

絵と字が下手ですいませんm(__)m(笑)

 

2枚目の図では仲間がいることを観ていることがわかると思います。

 

逆にうまくない選手はこういう時に1枚目のように観れないことが多いです。

 

サッカーが上手い子になる方法②よく観るようになるには?

 

正直これはコーチの責任ですm(__)m

 

日ごろの練習や試合からこの「認知」にまつわることを行っていないと子どもは習慣づきません。

 

とはいえ、保護者の方からコーチにいろんなお願いをするわけにはいきませんよね…

 

なので、これらを解決するためには僕のオンライン分析コーチ、オンラインサッカースクール「みちしるべLab」、パーソナルトレーニングがおすすめです。

 

試合映像を分析して、自分では見つけられない課題を僕が見つけて改善していくパーソナルコーチのようなものが、オンライン分析コーチになっています。

 

サッカーがうまい子どもの共通点③想像力がある

 

 

サッカーがうまい子は想像力がある子が多いです。

 

サッカーとは相手との駆け引きを行うスポーツであり、相手が考えていることを想像しその逆を取ることで試合を有利にすることができるからです。

 

サッカーが上手い子になる方法③想像力を養うには?

 

僕は本を読むことと、小さい時から子どもの話をしっかりと聞くことをおススメします。

 

本を読むと自然とその風景を想像することになります。漫画でも全然いいと思います。

 

今日あったことなどを話そうと思うと、「今日は何したんだっけ」と過去を想像することになります。

 

そうやってコツコツと想像力は養われていくものだと思います。

 

サッカーがうまい子どもの共通点④半端ないほどサッカー好き

 

「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるようにやっぱりサッカーが好きであれば好きであるほど、うまくなります。

 

・半端ないほどサッカーが好き→今日はサッカーしようかな、でもゲームもしたいな→サッカーしよう!

・サッカーがちょっと好き→今日サッカーしようかな、でもゲームもしたいな→今日はゲームでいいか♪

 

でもサッカーが好きになれ!と言っても好きにはなりません。

 

何事もやっていると自然と好きになっているものです...

 

サッカーが上手い子になる方法④好きになるには?

 

これも僕はコーチの責任が大きいと思いますm(__)m

 

怒鳴るコーチやただ厳しいだけのコーチだと子どもは本気でサッカーが好きにはならないと思います。

 

もし本当にこれで悩んでいるならチームを変えることも選択肢の一つに入れた方がいいかなと思います...

 

下記記事を参考にどうぞ

 

少年サッカー移籍について【理由・時期・トラブル・手続き】

 

サッカーがうまい子どもの共通点⑤自立している

 

サッカーとは一人一人がピッチの中で自分で判断しなければいけないのですが、自立している子どもはそれができます。

 

というのもサッカーは相手と仲間が縦横無尽に動き回り、攻撃や守備が予測不可能的に目まぐるしく変化するスポーツだからです。

 

皆さんもサッカーがうまいなーって思う子どもと話すと受け答えがしっかりしていたり、すごく考えて話しているなと感じたことはないでしょうか?

 

これを深堀していくと、本当に長くなってしまうので以下の言葉で理解していただけたらと思います。

 

こちらの記事も参考にどうぞ

 

サッカーに自立が必要な理由【子どもが自立する方法とは?】

 

「バルセロナの育成哲学の根底には、一人の選手であると同時に一人の人間としてしっかり成長させてあげる、という思いがあります」

AERA dot. バルセロナアカデミー責任者より

 

サッカーが上手い子になる方法⑤自立させるには?

 

これはコーチではなく、親の責任が大きいです。

 

子どもを助けるのではなく、見守ること、任せること。意見を聞くこと、判断をさせること

 

などたくさん必要です。

 

以下の公式LINEを友達追加してもらえると、タメになるサッカー情報を受け取れるだけではなく、友達限定の動画をプレゼントしています!

お見逃しなく!

公式LINEで無料相談

 

サッカーがうまい子どもの5つの共通点【まとめ】

・運動能力が高い

→持って生まれたものでもあるので特別な運動や練習が必要

・よく観ている

→練習や試合での習慣づけ

・想像力がある

→練習や試合での習慣づけ

・半端ないほどサッカーが好き

→チーム変えるのも考慮(上記2つも同様)

・自立している

→親の責任が大きい、一人の人間として接する

 

本記事ではサッカーが上手い子どもの共通点を紹介させてもらいました。

 

ぜひこの記事を参考にしていただき、上手い子供に育っていってくれれば嬉しいですm(_ _)m

 

© 2021 サッカーのみちしるべ Powered by AFFINGER5