外部コーチになるには【中学校サッカー部】

2019年9月12日

サッカーのみちしるべ

サッカーのみちしるべ⚽

A級ライセンス取得見込み

プロサッカーコーチ9年目

個人サッカースクール運営

中学校サッカー部外部コーチ2年目

悩める男性

・外部コーチをやってみたい...

・どうすればなれるんだろう

・お金はどうなるの?

今回はこんな疑問を解決していきます。

本記事の内容

・外部コーチになる方法

・お金について

・外部コーチの今後

社会人として働きながら、また学生として外部コーチをやってみたい。

僕も5年前くらいからそう考えていて、やっとの思いで外部コーチになることができました。

意外と外部コーチってなれないんですよね...

しかしこの記事を読むと外部コーチになる方法が明確になり、今からするべき行動が明確になります。

それでは説明していきます。

外部コーチになるには

  1. 自分のコネクション
  2. 知り合いのツテ
  3. たまに学校が外部コーチ募集している
  4. 自身の経歴を認められ、オファーが来る

この4つの方法があります。

以下解説していきます。

外部コーチになるには①コネ

自分の同級生が先生をやっていて、または自分が教えてもらったコーチから誘われてという形です。

これが1番多い方法だと思います。

というのもお願いする立場からすると良い指導をするかどうかより、まずはその人のことを知っているのか、その人のことを信頼できるのか。

ということが外部コーチになるためには必須条件です。

自分がお願いする立場になって考えてみると、全然知らない人にお願いできないでしょ?それと一緒です。

コネクションを増やす

これはサッカーコーチを目指していたり、外部コーチになりたかったら必須です。

サッカー界は指導力というより、信頼や繋がりで監督就任が決まったりすることが本当に多いです。

実際に僕も外部コーチになるのに5年ほどかかりました。

そのため先生が集まる会や、サッカーコーチが集まる会には必ず行った方がいいです。

こんな記事もあるので参考にどうぞ

サッカーコーチになるには?【3つの方法を紹介】

メモ

僕自身が外部コーチになるための繋がり作りを怠っていたからです...

外部コーチになるためにしっかりと行動できている人は5年もかからないですよ...

外部コーチになるには②ツテ

これも割と多いです。

実際外部コーチを探している学校は多くて、自分の知り合いにそれに当てはまる方がいないことも当然あります。

その場合、知り合いの知り合いから探すといった考え方になりますよね。

そして知り合いの紹介なので、割と信頼もできるはずです。

行動するべき

上記のように知り合いの知り合いから紹介してもらえることもあります。

そのため自分は外部コーチになりたいということを知り合いに知ってもらう必要があります。

知り合いのサッカーコーチや先生に外部コーチが空いていないか聞いてみるなど。

行動する必要があります。

外部コーチになるには③募集

ごくまれにネットで募集していることがあります。

しかし本当にこの形は珍しいです。

もうお分かりだと思いますが、ネットで募集すると必ず自分の知らない人なので信頼できるかどうかわかりません。

そのためこの形で外部コーチになるのはほぼ無理です。

ネットで探す

もちろん一度探してみた方がいいとは思います。

しかしほとんどヒットしません。

ネットを頼るのではなく、自分自身のコネ、ツテを作ることが大事です。

外部コーチになるには④オファー

この形もごくまれです。

というのもオファーが来る人は外部コーチになりたいけど、どうしよう...と悩むような人はいないからです。

オファーが来る人は既にたくさんの誘いがあるはずです。

つまり現実的に考えるとこの方法もありますが、難しいです。

オファーが来る人はどんな人?

既にサッカーコーチとしてたくさんの経歴や経験値を積んでいる人です。

例えば全国大会で優勝したとか、S級ライセンスを持っているとか。

そんなレベルでないと、全く知らない人からいきなりオファーが来ることはありません。

外部コーチでお金はもらえる?

結論、外部コーチでお金はもらえます。

ただその額は私立か公立、地域のより大きな違いがあります。

  • 私立学校
  • 公立学校

大きくこの2つにわけて解説します。

外部コーチ【私立学校】

私立学校は公立に比べて、金額は大きい傾向があります。

僕の知り合いのコーチは1回1万円もらっている方もいれば、月に20万円ほどもらっている方もいます。

というのも私立学校は学校独自で外部コーチに支払うお金を決定していいからです。

つまり外部コーチをして、お金をそこそこ稼ぎたいなら私立学校を選ぶべきです。

もちろん私立はなりにくい

もちろん私立の方が待遇がいいため、競争率が高いです。

良いコーチはだいたい私立に引き抜かれます。

コネやツテ、実績がないとなかなか私立は難しいです...

外部コーチ【公立学校】

公立学校は私立より金額が低いです。

僕の場合は1回あたり3000円程度もらっています。

というのも公立学校の場合は教育委員会などが金額を決定しているため、高額にはならないのです。

まぁ国や地域が運営している学校なので仕方ないですね...

もし金額が気になる場合は各地域の教育委員会などに問い合わせてみるといいかもです。

外部コーチになるには【今がチャンス】

外部コーチになりたい人は実は今がかなりチャンスなのです。

というのも国が学校の顧問の先生の負担を減らすために積極的に外部コーチを雇うことを発表しています。

先生の働き方改革ということで、地域によっては週に3回しか部活をしてはいけないという決まりが出たくらいです。

でも実際もっとスポーツをしたい子はいるため、外部コーチにお願いすることでそれを補おうとしています。

外部コーチが国家資格に

外部コーチを国家資格にするような案も出ています。

というのも専門ではない先生がその部活をしていることも現代の問題だからです。

どういうことかと言うと、サッカー未経験者がサッカー部の顧問をしているなど。

正直これは良くないですよね...

つまり外部コーチの未来はけっこう明るいということです。

外部コーチになるには【まとめ】

外部コーチになるには以下の方法がありました。

  • 自分のコネクション
  • 知り合いのツテ
  • たまに外部コーチを募集している
  • 経歴や実績が認められオファーが来る

そして金額ついては私立が効率よりも待遇がいいということも説明してきました。

今後、外部コーチの需要は必ず高まります。

そのために良い準備をしておいた方がいいですね。

© 2021 サッカーのみちしるべ Powered by AFFINGER5